飲食店買取りJP

ダクト

「ダクト」飲食店高額売却のヒケツページです。
ダクトイメージ

居抜きとは、閉店に際して店舗の内装や厨房設備等をそのまま売買や賃貸することをいいます。オーナーさまが作った想い入れのある店舗を買取り希望者に少しでも高く買ってもらうにはどうすれば良いのでしょうか?
共通点として一番大事なことは店舗を綺麗に清潔にしておくことです。第一印象は非常に重要です。現在運営されている業態を少しでも活かして閉店後の高額売却に結び付けましょう。

ダクトの店舗物件を高額売却する為のヒケツページです。
ダクトの店舗物件を売却したいと考えている方へ、ダクトの居抜き物件を高値で売買する為のポイントをお伝えします。

ダクトの居抜き店舗の特徴

◆ ダクト の一般的な購入費用

新品 50万円 〜 300万円
中古 無し 〜 無し

◆ ダクト が必要な業態

居酒屋・バル店、イタリアン・フレンチ店、中華料理店、焼肉店、ラーメン店、そば・うどん店、カレー店、鉄板焼き、レストラン、デリバリー店

ダクト ありの居抜き店舗の概要

飲食店の場合は、ダクトの有無、状態で買い手が付きやすいか、高額での売却ができるかが変わってきます。

ダクトは、いわば飲食店舗物件(特に重飲食)の要なのです。
飲食店では必ず調理をするため、排気設備がしっかりしていないと、店内の汚れ、煙や匂いの充満により客足も遠のきます。また、家主さまより営業許可が出ないことが多々あります。

焼き鳥屋や焼肉屋、中華料理屋など、油や臭い、煙が多くでる業態のことを重飲食といいますが、重飲食の場合は特にダクトの状態にこだわります。
ダクトがなくて換気扇だけというような店は、近隣の迷惑にもなるため、トラブルを避ける意味でも需要はかなり低いようです。

同じダクトでも、建物の横や下にダクトが伸びているのではなく、屋上までダクトが伸びてる物件が一番人気があります。
新たにダクトを作ったり、配管のレイアウトを変えるとなると、多額の費用がかかるため、最初からきちんと排気設備が整っている店は喜ばれます。

また、ダクトがしっかり整備されている店は、買取り希望者がどんな業態でも設備を気にせず開業できるので、人気が高くなりやすいようです。
重飲食に対応できるダクト設備があれば、焼肉屋や焼き鳥屋などはもちろん、レストランやカフェなどでも十分できるので、どんな業態にでも対応できるということになるからです。

そうなれば、買取り希望者の幅が広くなるので、高値での売却も望めます。

ダクト ありの居抜き店舗のまとめ

ダクトはとにかく厨房設備(建物設備)のなかでも設置費用が高額です。仮にビルの1階店舗の場合、家主さまより近隣や上層階とのトラブルを避けるため屋上まで伸ばすよう要望が出ることがあります。そうなると1メートル単位で費用がかさみ、5階まである建物だと実に300万円を超えてくる場合もあります。
初期改装費用を抑えるためにももっとも買取り希望者が重視する点であるといっても過言ではありません。

お気軽にご相談・お問合せしてくださいね!

無料査定依頼ご検討中のオーナーさま、
家主さまもお気軽にお電話くださいませ。

0120-192-972
イメージ画像
ネット非公開
ご希望の方はコチラ